歴史の跡


市原稲荷神社の境内には、数々の歴史の跡が残されています。

このほか境内には、境内整備記念の氏子連中の碑がいくつかあり、人びとの神社との結び付きの強いことを表しています。
お参りのついでに境内を巡れば、新しい発見が見られるでしょう。


大岡庄右衛門奉納の灯籠


境内には氏子の奉納した灯籠が数多く見られますが、一番古いのがこの大岡庄右衛門奉納の灯籠で、元禄八乙亥(1695)の銘があります。庄右衛門は当時の城下町商人です。

湯立て神事の窯


拝殿左、椎の木を隔ててこの窯が残されています。古文書に、毎年5月「市原神前において御湯御座候」の記事があります。湯立ての神事は清めはらう神事で、無病息災を祈る行事。この窯は文化2年(1805)土井利謙氏の寄進によるものと伝えられています。

中島秋挙句碑


西の鳥居前に、刈谷の俳人中島秋挙の句碑があります。はじめ南向きに立てられていましたが、現在は東向きに移されています。秋挙が文政9年(1826)7月、54歳で亡くなったあと10年あまりのち門人や友人たちが建てたものです。

〜夜わたしの今に声あり華さかり〜

とあり、碑の裏側に由来と門人の名が記されています。

本多氏家臣奉納の石灯籠


拝殿の西側の椎の木の下に「願主河目氏清大」と刻んだ石灯籠が残されていて、宝永7年(1710)の銘があります。この年は本多氏が越後国村上から刈谷に転封した年で、河目氏は刈谷城受け取りの役に当たった人物です。

土井淡路守利以寄進の石灯籠


丹生川社の前に一対の石灯籠があり、「文化十二乙亥、土井淡路利以」とあります。利以は土井氏第五代の藩主で、二代目の藩主利徳の子にあたります。

城下町商人太田平右衛門奉納の大灯籠


拝殿前の東側にあり、天保15年(1844)の年号があります。

刈谷神社


神社前の「英霊奉祀刈谷神社」の碑には、明治神宮宮司の題簽があります。

碑に
『あらし吹く世にも動くな人ごころ いはほに根ざす松のごとくに』

と高須金三郎書による明治天皇御製が刻まれています。慌ただしい今の時世にも通じる御製です。

明治の神池


刈谷神社前にこの「明治の神池」があります。「明治維新百年祭の記念に、明治の聖代を偲ぶため、明治神宮より下賜の知立神社花菖蒲大株を頂き、神池を造る」と記された碑があります。


〒448-0834 愛知県刈谷市司町8-52
TEL/FAX : 0566-21-1755
E-MAIL : kariya@0-173.com

ご質問、ご祈祷はフリーダイヤルでお気軽にお問い合わせください(全国対応、携帯・PHS不可)

○ご祈祷のご案内
  1. 人生儀礼
  2. 社頭祈願
  3. 出張祭典
  4. 神葬祭
○市原さんの結婚式
  1. ご案内
  2. 式次第

ページ上部へ